« 誕生! 3 | トップページ | みっしょん 道々 12 »

2014年5月19日 (月)

ボーダーライン

●BGM https://www.youtube.com/watch?v=EsV7TuNMr5M

そろそろ、自分が何故、鬱病に陥ったのか、その理由を記載していかなければなりません。何故ならば、私が今関わっている二つの裁判の重要なエレメントだからです。

何故自分が鬱病に陥ったか、それは、・・・身近に 『 境界性パーソナリティ障害 』 に病んだ人物の存在があったからです。本人はまだ、自身ではその自覚が無いものと思われます。

私は自分の鬱病克服後、境界性パーソナリティ障害について懸命に学んで参りました。・・・その本人を救いたいからです。
学んでいくうちに、同症状の人の気持ちが理解出来る様になってきました。
そこでまた、私の様な凄惨な体験をしなくても済む様、ご覧の皆様にシリーズでお伝えして参ります。

3296_1


●境界性パーソナリティ障害
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%83%E7%95%8C%E6%80%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E9%9A%9C%E5%AE%B3


まず、境界性パーソナリティ障害を「精神病」と解釈するのは間違いです。
幼少の頃の生育過程で、そうした人格を形成してしまったと解釈するのが正しい理解のし方です。ですので、この症状をご存知ない方には、健常者と見分ける事は、最初は非常に困難かもしれません。だからこそ、当初の私の様に、その症状を知らないケースでは、後に凄惨な状況に巻き込まれていく事になります。

境界性パーソナリティ障害は、幼少に抱えた心の傷なのですが、これが、成長し複雑な人間関係が始まり、様々な葛藤を覚えた時、覚醒します。
人とのつながりが多様化してくると心に埋もれていた傷が蘇り、症状が顕在化していくのです。

まず今日は、『 境界性パーソナリティ障害 』 に特有の症状を記載致します。以降、順次解説致します。

3296_2


■1.  見捨てられ不安・依存

「見捨てられたら生きて行けない」と思う、境界性パーソナリティ障害の人にある特徴的な感情です。
誰でも見捨てられるのは嫌ですが、境界性パーソナリティ障害の人の場合は、それが度を越しています。これが、様々な問題を引き起こします。一度信用した相手(ターゲット)に対しては、なりふり構わず徹底的に縋りつきます。

ですが、些細な事で否定されたと感じるや否や、自身の人格の全てを否定されたと思い込みます。昨日まで絶対的に信頼した人を、何かのきっかけで掌を返したようにこき下ろす等、態度が激変します。

■2.  対人操作性

そこで境界性パーソナリティ障害の特徴の中には、対人操作性というものが顕著に表れます。
これは、相手を自分の思うように操作し、不安を解消したいという気持ちからくるものです。
相手を自分の支配下におけば、見捨てられることはなくなるからです。境界性パーソナリティ障害の人間は相手の隙をついたり裏をかく能力に長けています。
こうして周囲の人間は巻き込まれ、いつの間にか本人のペースにのせられていきます。
また自身の責任を考えず、他者のせいにして責めるのも境界性パーソナリティ障害の特徴です。   

■3. 二極思考

物事を、白か黒、善か悪、好きか嫌いかというように、極端な尺度でしか判断出来ません。白と黒の中間のグレーゾーンが理解出来ないのです。
健常者なら例えば「あの人は、あの時あんな事を言ったけど、それは本心ではないよね」・・・と言う様な、解釈が出来ません。
こうした境界性パーソナリティ障害の特徴を理解しないと、一緒に居る事はかなり困難な思いをします。

■4. 薬物やアルコール依存、自傷行為や自殺企画

自分の身近に居た人は、このアルコール依存が顕著でした。境界性パーソナリティ障害は、鬱病も併発しているケースが多く、その抗うつ剤にアルコールが作用した場合、錯乱状態を引き起こすケースが有る様です。
私自身がその光景を目の当たりにしております。阿鼻叫喚たる非情な日々でした。

■5. 性的逸脱

空虚感と衝動性、自暴自棄の行き着くところが、これです。特に女性に多く、寂しさや不安から衝動的に何人もの異性とセックスをしてしまう、自己破壊行動です。
また私が色々調べた結果、この行動は、脳を正常化させようとする過程で、脳が脳内麻薬である「βエンドルフィlン」や「ドーパミン」を求める生理的欲求もあるので、やむを得ないかもしれません。


●境界性人格障害ガイド
http://kyokai.uijin.com/

●私と同じような境遇のケースです。 (ただし、このケースの女性の場合は、まだ当人には自覚があるようですが)
        ↓
http://questionbox.jp.msn.com/qa8269458.html

私が現在体験しているケースの場合では、相手はまだ、私の事を諸悪の根源であり、極悪人だと解釈している段階だと思います。
そして周囲の人間に対しても私の事について、極悪非道な人間であるという妄想を振
りまいて居るハズです。・・・その辺りがとても厄介なところです。  そりゃつらいですよ。

当人が暴力や暴言を吐くのは、極近親者に対してだけです。それ以外の関係の薄い人間に対しては普通に振舞えるのです。だから、当人から陰口で洗脳された周囲の人間には、私の方が異常者に映ってしまうというわけです。
当然ながら、私は関わる周囲の方々からは、非常な誤解の嵐を受ける事になっているわけです。 当然、相手方の親族一同からも自分は総スカン状態です。(涙
こうして、境界性パーソナリティ障害の人間に関わると、周囲の人間関係をズタズタに破壊されていきます。



●嫁が境界性人格障害の場合の対処法
http://www.bengo4.com/rikon/1020/1150/b_137689/
●嫁が「境界型人格障害」の典型症状とピタリと合致した。しかし医者には「病気の妻を平気で傷つける夫」を報告してる…
http://www.kekkon-sokuho.com/archives/33211085.html
●離婚と人格障害
http://mori-law-office-blog.at.webry.info/201207/article_3.html
●男の離婚相談
http://abe-jim.com/index_news5.htm

3297_1

●BGM http://www.youtube.com/watch?v=C2adIpuKmpM



私が何故、鬱病に陥ったか。
それは、・・・私自身が語ったところで、誰にも信用して頂けないかもしれない。
何故ならば、「境界性パーソナリティ障害」の人間は、ターゲット以外の人間には、その本性を見せないからです。・・・だから私は、何方かが書き記したもので説明するしか術がないのです。
そういう事で、こちらをご覧下さい。
私が何故、鬱病にまで陥ったのか、その理由が記載されています。  これが現実に、私が体験した事です。

         ↓
●新生活!ボダにだけは気をつけろ!
http://agora-web.jp/archives/1439250.html

・・・そして、何故、境界性パーソナリティー障害者の魅力にハマってしまうのかという理由は、こちらです。 私がそうでしたから。
         ↓

●境界性パーソナリティー障害への理解
http://afi.nifty.com/afilog/2011/12/post-2455.html

3330_2

色々と調べているうちに、「境界性パーソナリティ障害」の症状を持つ人間は、極身近に蔓延していると言う事実が分かりました。
ネットで調べれば、飽きるくらいヒットします。・・・世の中に、「境界性パーソナリティ障害者」から悩まされている人々が、これ程多いものかと愕然としました。 おおよそのパターンが、私が体験した内容と酷似している事にも驚きました。


そこで、『 境界性パーソナリティ障害 自己診断テスト 』 を、貼っておきます。
貴方自身の事、貴女の身の周りの方を思い起こし、一度チェックされてはいかがでしょうか。

こちらです。↓  ( 因みに私は勿論、正常値。セーフです )


●境界例(ボーダーラインケース)-自己診断テスト -
http://www.medical-heart.com/psycho%20check%20illness03.html

ついでに、『 サイコパス・テスト 』 も載せておきます。
「サイコパス」は、「境界性パーソナリティ障害」とはまた異なりますが、これも注意して下さい。 世間に、フツーに潜んでいます。
「サイコパス」については別途、また機会があれば語っていきたいと思います。


●サイコパス・テスト(診断)
http://www.psy-nd.info/diagnosis.html

3330_1

●BGM http://www.youtube.com/watch?v=lCMoURCicE4

それでは、境界性パーソナリティ障害者から被害を被った方の手記を貼っておきます。
だいたい、私のケースとパターンは同様です。どのケースでも同じセリフや同じ行動が見られます。例えば、包丁を突き付けられる場面など、私と同じ体験をされている方が多数居られて驚きました。

・・・これが、恐怖の現実です。

3331_1


●彼女が重度の境界性人格障害だった
http://anond.hatelabo.jp/20100820021613
●「妻と別れて」
http://www.kitanihon-oil.co.jp/pc/essay/tsumatowakarete.htm
●鬼嫁に打ちのめされた男の手記
http://ameblo.jp/felthat/entry-11515561472.html
●別れた後の癒しについて
http://joj.jp/html/324.html
●BPD(境界性人格障害)の人と付き合った末路
http://anond.hatelabo.jp/20120207210414
親しい人が「境界性パーソナリティ障害」だと気づいた時に ~A to M~
http://rebornflat.blogspot.jp/2013/09/to.html
●心子との付き合い方
http://blogs.yahoo.co.jp/geg07531/folder/1396429.html
●境界性人格障害の人への接し方がわかりません。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1378657043
●妻が境界性パーソナリティ障害を持つのではなかと思い至っています。
http://blog.goo.ne.jp/true-vine/e/a07b90100717a574132503f45a03468a

3331_2

●BGM http://www.youtube.com/watch?v=t5UDbHxyNLI

境界性パーソナリティ障害には、更に 『 高機能型 』 と 『 低機能型 』 がある事をつい最近知りました。
私の身近に居た人物は、高機能型です。以下の症状に的中していて驚きました。
私自身が洗脳され、その挙句に鬱病に陥ったのも無理は無かった理由が、ここにあります。

3347_1


●高機能型境界性人格障害
http://engii.exblog.jp/i4/
●高機能型の境界性パーソナリティ障害
http://blog.goo.ne.jp/true-vine/e/ef2300555fcd1eca1795ff7a78459c54
● as if 状態と境界例感
http://homepage1.nifty.com/eggs/sikou/as_if.html

非情に厄介なのは、境界性パーソナリティ障害の人間には、不思議な魅力があるんだよね。 私もたぶん相手がボーダーだったから惹かれた・・・。 

常人ならその辺にたくさんいるわけだけど、境界性パーソナリティ障害の人間は現在、確か人口の1~2%の確率で周囲に存在する。
という事は、日本には現在約260万人。100~200人にひとりという特殊な魅力を持つ存在。  
それを、特別な人だと思いこんで振り回される事になる。    まぁ確かに特別な人だった訳だが・・・


永年、営業と言う仕事をしていると、今になって思うけど、そう言えば何人か居たねぇ、・・・厄介なお客さん。単なるクレーマーなどではない。途中から付き合いきれなくなる尋常ではない
人格の方。。。

3347_2

|

« 誕生! 3 | トップページ | みっしょん 道々 12 »

コメント

初めまして。
たいへん勉強させていただいています。

母親がまさにこれです。
とんでもない目に合わされ
人生をほぼ踏みにじり潰されました。


>確か人口の1~2%の確率で周囲に存在する。
という事は、日本には現在約260万人。100~200人にひとり


25人に1人じゃなかったでしょうか?


ただ、魅力など微塵も感じませんが、
その理由はもともと母娘という
近親者だったためなのでしょうね。


親が亡くなった人が
羨ましくて涙が出てしまいます。
端から見ると、こんな不謹慎な心の内は
誰にも理解されないでしょう。


未だ渦中で先の見えない苦痛の毎日です・・・。

投稿: レン | 2017年5月22日 (月) 13時08分

流石に25人に1人は無いでしょう。比率の多いアメリカでさえ、全人口の5.9%です。
貴方が言うそのデーターは、精神科の入院患者に締めるボーダーの割合では? それなら、約20%を占めるとのデータもありますよ。

家族にBPDが居られるのは厳しいですね。まず、一線を引いて下さい。 行動に対して容認できるか出来ないかの一線です。 それを相手に伝えて下さい。
その一線を越えたら、容認出来ない事を伝え、毅然とした態度で接して下さい。毅然とした対応は、貴方の精神を保つ為でもあります。

兎に角、本人が自覚出来ないと改善されません。其処に苦労されると思います。

最寄の警察署の生活科に、事前に事情を伝えて置いた方が良いと思います。
何か合った場合、それがものを言う事があります。

投稿: 吟水 | 2017年5月22日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118233/59671912

この記事へのトラックバック一覧です: ボーダーライン:

« 誕生! 3 | トップページ | みっしょん 道々 12 »