« Md | トップページ | みっしょん 道々 35 »

2016年3月13日 (日)

五行相剋 Ⅴ

●BGM https://www.youtube.com/watch?v=1J20wlQjqDM

アマチュアカウンセリング、継続してます。  救う為の・・・魔女狩りです。

S

抗精神薬は、一通り学んでみました。

私は医者でもカウンセラーでも有りませんから、病名とか判断はしません。話を聞いてあげるだけです。其の方が言う事を否定しません。 否定すると、症状を悪化させるからです。

ただし、誤った方向に導かない為には、対象者の本当の状況を把握しなければなりません。何故なら、精神疾患者は、自身の病状に自覚が無い場合が多いですから。妄想や幻覚を真実の様に言って居る事も有ります。それに乗せられると、ミイラ取りがミイラになります。・・・かつての自分がそうでしたから。 対象者が、本当の事を述べて居るのか、虚偽なのか、まず見極めます。 

例えば、今話を伺っている方の相談を例にあげると・・・、

其の方は、「夫のDVのせいで、躁鬱病になった」と、言うんですね。そこで自分は、処方されて居る薬の名前を聞きます。 すると・・・「最近、ジプレキサが追加になった」と、仰るんですね。

『 ジプレキサ 』 という薬は、そもそも双極性障害(躁鬱病)の薬ではないんですよ。統合失調症の方に処方される薬です。勿論、ドーパミンの放出量を抑える効果が有りますから、補助剤として処方される事は有りますが、仮に双極性障害だとしても、この薬が処方されているという事は、かなり重症であると思われます。

●ジプレキサ :http://seseragi-mentalclinic.com/olzeffect/

ジプレキサは、ドーパミンの放出を抑えると書きましたが、ドーパミンの放出量が多いという状態は、妄想や幻覚が現れているケースが想定されます。

そこで自分は、其の対象者に「幻覚は現れていませんか?」と、聞いてみました。すると・・・「部屋の中に目玉が浮いていて、いつも見られていて恐い」と、言ったんです。・・・やはり幻覚を見ている様ですね。

Y

では、話を最初に戻してみましょうか。彼女は、「夫のDVのせいで、躁鬱病になった」と言ったわけですが、それは嘘かもしれないと言う事になりますね。妄想か虚言かもしれません。事実は全く逆で、夫に対して暴力やモラハラの限りを尽くしたのは彼女で、それに耐えられなくなった旦那さんは、彼女の元を去った・・・のか、もしれません。

ですから、彼女達の言う話しに引き込まれてしまうと、話を聞いてる側が精神的に混乱させられてしまう結果になるわけです。酷い時は、『 共依存 』 の状態に引き込まれかねません。

●共依存とは :http://ginsui.cocolog-nifty.com/bullbon_room/2014/11/post-5f6d.html

以前の私の様に、精神疾患に対して無知だと、コレにやられます。例えば「境界性パーソナリティ障害者」などは、虚偽を正当化する為、形振り構わず必死で自身を守ろうとします。それが・・・周囲を引っ掻き回す 『 対人操作 』 となって表れます。 精神疾患に見識がなければ、簡単に騙されるんですよ。

しかし、嘘と分っても、私は対象者の話は否定しません。否定せず、修正して導くのです。

其れが、私が言う ・・・『 魔女狩り 』 です。

F

|

« Md | トップページ | みっしょん 道々 35 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118233/63337383

この記事へのトラックバック一覧です: 五行相剋 Ⅴ:

« Md | トップページ | みっしょん 道々 35 »