« 雷電烈号作戦 | トップページ | 吟点回帰 岩手編 Vol.1 »

2017年8月12日 (土)

再審請求

●BGM https://www.youtube.com/watch?v=ltg4sDQVK20

1

前スレッドに関して。 裁判所の判決が誤審なら、再審請求すれば良さそうなものですが、・・・それこそ無駄です。

●再審請求の話(民事裁判):http://www.shomin-law.com/minjisaibansaishinseikyu.html

一審で誤審があった場合、これを二審に持ち込んで誤審を訴えても、余程の事実が証明され無い限り、二審は一審の判断を支持します。

支持するというか・・・庇うのです。

仮に二審で一審の判断が棄却された場合、誤審を下した一審の裁判官は左遷です。二度と首都圏の裁判官は任されません。  首都圏と地方の裁判官の給与格差は雲泥の差があります。・・・そうした事情がありますから、裁判官同士、身内の同僚を庇うという事です。

また、裁判官の天下り先は何処だと思います? ・・・弁護士界ですよ。

私の様に、素人が相手弁護士と対峙した場合、裁判官はどちらの主張を採用すると思います?  天下り先にあえて喧嘩を売る裁判官など居ないんですよ。

そうした事を知ると、裁判なんて馬鹿馬鹿しい茶番でしょ? こうして正義が潰され、正義が犯罪者にまで祭り上げられるんですから。

ですから私の戦い方は無謀でしょ? ハハ。俺はガキの頃から、「 無謀で無鉄砲なヤツ 」 と呼ばれてましたので。  しかし、無鉄砲には無鉄砲の戦い方があるんですよ。

Images_1

・・・そのひとつは。

弁護士を雇わない限り、訴訟費用など知れたものです。こちらは納得出来るまで、とことん戦えます。 何処で己の感情を昇華できるかと言う事です。  かたや、弁護士を雇おうとする側は、否応無しに莫大な資金が必要になります。

『 国と戦う 』 ・・・無謀の限りです。そんなこたぁ、最初から解かってるんですよ。バカじゃないんですから。 ん?・・・バカか? 

Images41da8ela

へへっ。 しかし此れが、無鉄砲に生きて来た、私の集大成。 その最期のケジメの突撃は男冥利に尽きるというもの。

私の好きな言葉は 『 此れが最期だと言えるうちはまだ最期では無い 』 であると申しました。 そうです。・・・まだ、『 命 』 が残っているではないですか。  其れを命懸けと言うんですよ。 此れを私の辞世の句とでもしましょうか。  

生きるという意味は、何処で命を捨てるかです。 その為に生きて居るんです。 生きた証しを昇華した時が死ぬ時です。

Images_8

|

« 雷電烈号作戦 | トップページ | 吟点回帰 岩手編 Vol.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118233/65654325

この記事へのトラックバック一覧です: 再審請求:

« 雷電烈号作戦 | トップページ | 吟点回帰 岩手編 Vol.1 »